読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

完全マイウェイ!

おもろが過ぎるよジャニーズ集団。

Sexy Zoneさんの歌の個性と調和についてのメモ

最近ちょっと歌声の聞き分けができるようになってきて嬉しかったので、自分的に直感的にもろもろ感じる部分を書いておこうかな~と思います。といっても持病のせいでひとつのものに焦点をあてることが大変難しいので、みなさんのようにクリアには聞こえてないんで色々ニュアンスな部分はあります。なんでもメモするおじさんなので、至極当たり前のことしか言っておりません!よろしくどうぞ!w


佐藤勝利味のあるスルメな歌声
佐藤勝利と言えば、"国宝級のお顔"が一番に連想されがちだが、歌声にも注目してほしい。技術的にも感覚的にも歌唱に関しては、いまひとつではあるが、聞けば聞くほど何だか癖になる聞きたくなる、そんなスルメ的な歌声を持っているのが佐藤勝利だ。特にキメの部分の歌唱では抜けるようなリラックスすぎた感じの歌声が何とも心を掴みにくるのだ、ん?どうした?と初見は思わなくもないが、これが勝利くんの味なのだ。ん?どうした?と思ったら最後なのだ。技術的に何が足りないのかは素人の私には分からないが、歌の重心が高いのかなぁ~という印象をもつ。自分でも言っててなんだこれと思ってる(笑)歌の重心ってなんだ(笑)。勝利くん、キメ以外の歌は基本ブレスとか緩急がキツめでゆるいスタッカートっぽい歌い方の印象。ッタorッツって毎回歌うと漏れてる感じで、でも突然へにゃと抜けた歌声になる時あってなんかそれが癖になるんですよね。あれは単にコントロールがうまくできないのかなとも思いますが、そうした部分が個性として味があると思わせるのが佐藤勝利のすごさかもしれない。正直に言うとある程度鍛えればいい気がしなくもないが。

中島健人THE☆ジャニーズ的な歌声
母音の余韻の癖が強い。ジャニーズや他アイドルによく見られるタイプの歌唱ですね。大先生の場合は、それに切なさとか哀切みたいな部分を含んだ質感が印象的です。人柄が良く出ている声ですね。特にこういうタイプは高音を歌わせると非常に声が活きるので、積極的にキツめの部分を歌ってるのかなって印象があります。最新シングルの~Get it on!部分も急にガッとギアを上げる部分で、ああいう部分を歌わせるとグッと心を掴みに来る表情と声が出ちゃう人。モノマネとか急にBL声優みたいな声色でセリフキメるのを見ると、元々声をコントロールするのがうまいのかな~と思います、ラップも割りと違和感なくやってのけるあたり、こうした感覚に長けてるんだろうな。実にアイドル的でもありアーティスト的ですね。

菊池風磨エロ路線から自分路線の歌声
某人意識由来の吐息製造機的な湿った質感の歌声ですね。地声が聞けばすぐ分かるような特徴的な声なのもあり、すぐに誰だか分かる歌声。この手の歌声の方は重心がほぼほぼSexy Zoneなので(そういう使い方はいかがなものか)、いやもうちょっと上でよくない???ってくらい下から上に攻めていく歌声なので、嫌でも頭に残る最高に印象的な歌声です。個人的に赤西さんと櫻井さんの要素を混ぜると菊池風磨なのかもしれないと思うんですが、スウィートでスローなものも激しいロックやシャウトもこなるあたりのセンス。誰かっぽいと言われて誤解されやすいものの、その中で自分らしい位置に落とし込むうまさは菊池さんの腕だなぁ~とど新規は思います。こうした部分を今後もっと攻めていけばいつの間にか菊池風磨の路線が出来ると思うので、もっと人がやってそうでやっていない位置の模索をしてほしいです。(誰だよ)

松島聡芯の通った優しい歌声
久しぶりにこんなまっすぐな歌声を聞いたと思いました。声は平凡に聞こえますが、グループ内で一番優しい歌声ですよね。それ故裏に回ることが多いのかなとも思いますが、いや表にだせよ!っておもう私です。衝撃だったのはIF YOU WANNA DANCEとHigh!!High!! Peopleですね。声変わり前というのはありますが、それにしても何と芯のあるフェイクでしょう…すごい…ジャクソン5かな…。フェイクってセンスしかないと思うんですよ、自分の聞いた音楽や歌ってきた音楽の要素をかき集めてもフェイクがうまい人っていうのはほんの一握り。まあ収録当時は大人の指示だと思いますが、現在のツアーでこのフェイク部分を歌ったという情報もあって、いや~~~聡くんの今のフェイクはほんと貴重だし、そのセンスがどう磨かれているのかが…私、気になります!何となく歌唱ニュアンスはテゴマス的な枠ではあると思うので、ここからどう聡くんが昇華していくのかが私本当に楽しみです…あ~~~聡くんすごい。

マリウス葉キャラメルボイスと歌唱の多様さを感じる歌声
努力の子、大天使マリウスさんですよ。マリウスさんはたくさん声を持ってる人だと思いますね。まず日本語歌唱時はキャラメルボイスですが、英語歌唱になると年相応なティーンヴォーグに載ってそうなアーティストっぽいかっこいい声になっているな~という印象です。ドイツ語歌唱はダンケ・シェーンのポップさしかわからない^~^でもアクセントがほぼ前にくるはずなので、ちょっと強めに聞こえるんですよね。まず日本語って口先だけの音が多いんですが、英語は口を大きく使って発音するので発声から少し違う印象があるんですよね(個人的に)。そうした発声原理からかマリウスくんも日本語歌唱は舌たらずで口を持て余してる…余白の感じるキャラメルボイス的なニュアンスに聞こえるんですが、英語歌唱母語系統になると急に男性を感じるんですよね。本人が中性的な容姿もあって、ギャップを感じる部分でもありますよね。かわいい。こうした言語によっての変化が面白いのもマリウスくんの良さで強みなので、積極的に英語詞と母語の歌詞を歌ってみてほしい~!そんなババアです。

 


5人の歌声がどんな編成でも調和するには
めちゃくちゃど新規の個人的な解釈でお送りしております、初期はちびーずのハイトーン隊を中心に構えて、コーラスの厚みで魅せるところが多かったが、声変わりをしてからは、菊池さんと大先生を中心に据えた編成にしたのかなというイメージ、軸に勝利くんがいて、後ろを聡マリでがっちりホールドしてる感じ。曲によって編成を変えるのもいいと思うんだけどな~。聡マリパートもっと増やしてほしい気持ち。角のある荒削りさは、5人それぞれあると思うので、多分角のとれた…個性が成熟したものになると、より5人の声が調和して、配分もいい具合になるのかな~とか考えたり…素人が何言ってんだろう(笑)。最新シングルとかは実験的に色々やってる部分が(グルーヴ感での調和と歌割の新鮮み)うまくいっている印象がありました。このタイミングで5人の個性が(荒削りだった部分)が、徐々に完成されつつあるのかな~って気がして、すごいタイミングで沼に落ちたなぁと思いました(笑)長い間彼らを見てる方々にとっては、すごく嬉しい芽だったんじゃないかな~って思います。幸せの瞬間やね。