読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

完全マイウェイ!

おもろが過ぎるよジャニーズ集団。

映画「ハルチカ」の素直すぎる感想

youtu.be

昨夜見て来ました。上映終了が昨夜だったという劇場は多かった気がします。私も午前中にはチケットを予約してばっちりな状態でしたが、午後から体調が優れなくなり万全の状態とは言い難い形で鑑賞することになり、それだけが心残りです。マジ花粉症の影響ですーぐ通年性鼻炎の症状酷くなるのよね。席挟んだお姉さんには非常に申し訳なかったでござる…ずびずびしていて。行けそうな日は昨夜以外なかったので仕方なかったのもあり、とりあえずがんばって見て来たので感想ば参りたいと思います!あっ!ちなみに原作は未読です、すみません。

 

全体的な感想ざっくり言うと、思ったよりよかったです。青春映画って言うくらいだし、"吹キュン"と謳うくらいだからコテコテのラブキュンなのだろうかと思っていましたよ、筆者も。でも全然ラブキュンなんてねえよ!だがそれがいい!の一言。でも青春映画と呼ぶには相応しい映画。本当にチカちゃんとハルタ吹奏楽部の青春を切り取った映画になっていました。

 

 

・良かったところ
☆恋愛におぼれていない
他の登場人物はそれなりに関係がある感じがありましたが、チカちゃんとハルタに関しては幼馴染という特別というところだけで、そこから先に進むようなところはありません。ハルタはチカちゃんを常に見ていて多分片思いしてるんだろうなとは思いましたが、チカちゃんがハルタを好意的に感じている感じはなかったですね。

☆ちゃんとパーティーメンバーを集めて部活している
きっと吹奏楽ブラバンを経験している方は大変に胸が熱くなったのではなかろうか。特にチカちゃんがソロの部分を未だクリアできない問題について、チカちゃん以外の部員がぶつかるシーンは結構リアリティーのある緊迫したシーンでした。メインメンバーをそろえた紆余曲折後、他の加入メンバーがしれーっと音楽室に入ってきて字幕だけで説明されてるの、ちょっと面白かったですね。好みは分かれると思うけど。

☆LA LA LAND的表現のラストシーン
これ楽しかったです。正直に申し上げて、私は本家LA LA LANDがあまり刺さらなかった人間だったんですけど、こちらのLA LA LAND表現には刺さりました。そこに至るまでのシーンが非常によかったというのがあるんだと思います、あのラストに持っていくまで部員たち全員が何度もチカちゃんの為に同じフレーズを奏でて、ソロを弾ききるまで見守ってくれるんです。いや~なんかグッときました。あと芹澤さんが踊り狂ってるのかわいすぎた。あんなん惚れるやろ。

ハルタのチューニングする癖かわいい
髪の毛触って何かをチューニングするのかわいい。

 

 

・悪かったところ
★暴力あかんダメゼッタイ
いやなんか「あれ?環奈ちゃんまだ星泉が抜けてない?」とか思っちゃったよね。実はチカちゃん裏で組長やってるとかそういう?とか思っちゃうくらいだったよね(笑)いや、暴力マジあかんで。ハルタは「チカちゃんは僕を守る為にいじめっ子が引くぐらい僕を殴って守ってくれたよね」的なことを言っちゃうわけなんですけど、あかんでしょ…(引き気味)。本末転倒感あるわい。あんたそれ虐待とか洗脳の類よ…。ハルタもしかしてお家でも相当な虐待とか受けてるんじゃと想像してしまった私がいるよ(原作では姉たちからモラハラ受けて、一人暮らししてるらしい)。これを良しとしちゃうのはよくない。ほんと。

★原作の要素を取り払って得たものは?
原作では同性愛要素と推理小説の要素がありますが、実写映画「ハルチカ」においてはこの要素は全く出てきません!唯一推理要素という部分で、界雄が何故登校拒否に陥ったのかという部分はハルタが率先して推理している感じがありましたが、あれも何だかお情け程度のもの。そして同性愛要素の部分は完全に排除されてます。原作未読の筆者がザッと調べた限り、ハルタは顧問の草壁先生が好きだが男性が好きというわけではないということらしいが、ちょっとクエスチョニングジェンダーなのかな?と思う。こういった原作にあった要素を取り払い、万人受けする青春部活映画にしたのは良いのか、良くないと筆者は思う。原作とはもうほぼほぼ違う作品になってるし。それにハルタのクエスチョニングジェンダー的な部分はハルタのパーソナルな部分において、一番重要な部分ではないかと思うし、ちょっと微妙な気持ち。

 

こんなとこかな!原作を調べれば調べる程、映画とかなり離れた印象になったので、原作ファンの方々はめちゃくちゃツライだろうな…と。正直この映画を観たあとに調べて、青春映画としてはすごく良かったけど、原作のことを知れば知るほどもったいないことしてんなと思ってしまうのであった。実写映画になるってことはマジョリティナイズされることって言われてるのもしょうがないというか…、マジでもっと覆されるべき部分だと思った。