読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

完全マイウェイ!

おもろが過ぎるよジャニーズ集団。

ひたすら好きな曲の感想~Part2~

今日明日あたりに、ちょっと久しぶりにジャニーズ雑誌を買ってみようと思っております。その感想もこちらに書いてみようと思っておりますので、まずはつなぎに昨日書いた記事のPart2を書こうかなって思います。お手柔らかにどうぞ。今日は嵐多めかな?ちらほら他のグループやアーティストも混じっています。


1.ココロチラリ

これ絶対外せないわよね。少クラで歌ってた覚えがあります。今もジュニアの子とか歌ったりしてませんか?(あんまりチェックしていない)今のジュニアが歌っても色褪せないあどけなさのある曲だと思うんですよね、耳にも残るし。まあちょっとアイドル過ぎるのかもしれないけれど。一番好きなとこは、あれですね"街を流れるラブソングひとつも考え深いものだなぁ"ですね。ここのニノの強めの"なぁ"の癖がたまらなくて、その後の"Ah~なんて君の事みたいな歌だろう Hah~今度、わかる?ほらねって聞かせたいな"もかわいいよね?ほらねってなんだよ!!二宮さんの口癖やんけ!!!


2.アレルギー

個人的に嵐の1st Albumはものすごく中毒性のある完成度の高いアルバムだと思っています(急に)。嵐本人たちの腕は収録時まだまだこれからだったわけですけど、それがまたいい味を出していて、このアルバムの魅力ですよね。この頃から大ちゃんの歌は既に出来上がっていることが伺えます。そして特にこの曲はそれぞれの個性と遊び心あるもの仕上がっていて、つい頭の中で歌っちゃう曲なんですよね。でも私この曲で一番すきなのは間奏部分です(ファンに怒られそう)。やっぱり嵐は元々ヒップホップ路線で中でもコンテンポラリーR&B要素を中心とした楽曲を売りにしていたのが、個人的に好きですね。もちろん今の国民的アイドルっぽい王道な路線も好きなんですけどね!


3.台風ジェネレーション-Typhoon Generation-

この曲攻めてますよね、最初はしっとりサクラップ(ってなんやねんと思いつつ)で始まり、二宮さんの若干17歳とは思えないセリフの言いっぷりでガラリと曲調が変わっていくという…。このPVも私大好きなんです。最初はみんなノスタルジックなヤンキー(うまい言い方がわからない)(リーゼントにスカジャンでセピア風の撮り)なんですが、曲調が変わると現代っ子っぽくスタジオで踊りまくるんですよ、これがまた曲の間奏の効果に合わせてダンスが巻き戻ったりする演出がちょっと楽しくて、何度も見ましたよね…。大野さんが所在無さげにソロでキメてる姿かわいすぎるんですよ、初々しさみたいなのたまんねえええええ!!!(うるさっ)あとコーラスのラーラーラーララーの相葉ちゃん声かわいいです、全然声かわんないね。相葉ちゃんの歌も好きです。


4.Ready to fly

このままいくと延々ファーストアルバムの話しかなるので、ちょっと最近めの方にシフトしていくよ(笑)。この曲は比較的従来の嵐っぽい曲ですよね。大ちゃんの歌声よすぎなんや…、私「Ha~ah Hu~uh」のコーラスやるんで、みんなは嵐やってくださいねってタイプの人間なんですけど、カラオケに行くと誰も歌える人がいないこのオタクの悲しみがわかるか!!?!(何の話よ) COOL&SOULを聞いて思ったのは、このアルバムがある種分岐点になっていることですよね。頂点に向かうときがきたって。だから、私はこれが最後の過去の嵐の側面かもと思って、懐古しちゃうときこの曲を最後に聞きがちです。


5.Secret Eyes

おい!!!大丈夫か!!相葉さんメインじゃん!!!!(すぐこういうこと言う)と思う私にそっと強火相葉担の二宮さんが「大丈夫よ、彼はやってくれる人よ!うちの子皆やればできる子!」とささやいていくという曲です。(嘘こけ) 私がにやけ顔のときは大体これ聞いてるときです。


6.Flashback

純粋に曲が好き…。正直懐古がすぎるクソオタクなので、嵐の最近のアルバム楽しいけど懐古しちまう癖があるけど、最近の嵐の曲で「ああああああすきいいいいい」って無心に好きが溢れた曲がこれでした。まあ結局従来の嵐っぽいやつじゃんといわれれば、もうなんも言えねえんだけど、それでも私にとって最近の嵐もちゃんと私の琴線に触れてくれている、私の好きは死んでないぞ!とちょっと安心したんですよね。それにしてもちょっと渋くて切ない曲なんですけど、カラオケでは必ず歌っちゃいます。てへぺろ


7.a Day in Our Life 

挑戦した曲ですよね、ちょっと戻ってしまったんですけど、サクラップについてお話したいと思いまして…。延々とサクラップと思いきや、サビですっとクロスしていくという不思議な曲。こんなにとっつきにくい曲ないよね、でも私これ大好きで外せないんです。というのも、デビューからラップに挑戦している櫻井さんのやってることって実は非常に難しいと思うんです。ラップから歌への切替を瞬時にスイッチングする能力。またオールドスクールヒップホップっぽい戦闘的なリリックもサクラップの特徴ですよね。他グループにもラップ担当はいると思いますし、その辺も勉強してみたい。

 

8.大人Guyz

突然のV6。V6は白状するとベストしか持ってないので、もっと勉強しようと最近のアルバムを借りてみたんですけど、なかなかおもしろいことやってますね?この曲ってちょいトンチキソングの認識でいいんです?めちゃくちゃ好きです(満面の笑み)。歌詞が大人~!!(ドンドンパフパフ~)大人買いの域を超えてますよね、どう考えてもただの富豪やんというツッコミはおいておいて、三宅くんの歌声~~~!!!やっぱ最高やん…ヴァースツゥー!(あんなにかわいく言えるわけがないわ) 間奏のレジ切るチャリンチャリン音が気持ちいいです。オゥトゥナァ♪もうだめだ、もう1回聞こう。(中毒)

 

9.粉もん

突然の(ry。ジャニーズWESTさん、関ジャニ的な大阪賛歌系と思ったら、その各地の名物を取り込み平和条約を締結させるという壮大な歌ですね!(ちがうような合ってるような)いつぞやの大塚愛ちゃんも石川大阪ウォウウォウイエーイエー言うてましたよね。(しらん)歌声あんまり認識&一致してないので、申し訳ないんですけど、すばるちゃん並にビブラート効かせてるのは桐山くんで大丈夫です?めっちゃうるさない?えっめっちゃうるさない?なんやろうこの歓楽街でもツーンと通りそうな歌声すごいな?すばちゃんのは心を通り抜けてく声やけど、桐山くんは「おーい!こっちやこっちやー!」って言う商人っぽい爽やかさあるね…なんだここが沼か…ズブズブ…。あと個人的に重岡くんさんのお声も何となくわかります、かわいい。「俺、かわいいやろ?」感のある重岡わんころ大毅くんの歌声。

 

10.Terrible

おかしいな?関西ジャニーズなのに真面目にかっこいい…だと…?実は妹のお友達に(現実感)ラッキィィィィ(長い)かなんかのDVDを借りて見せてもらったんですけど、この曲大変気に入りました。流星くんさんはすごくよく見てますドラマに出てたりね、小瀧さんはちょっとテニプリの財前さんみたいなキャラだなと思いました。実はみんなが大好きなタイプやろ!おじさんしってんで!(誰)

 

11.こんな曲作りました

これこれ、これよ~!関西ジャニーズ!アホになるジャニーズって必要よ!かっこいいだけじゃ物足りないお嬢さんは絶対こっちですよね、わかります。私は濱ちゃんのたこ焼き屋におる鳶職の兄ちゃんみたいな(でもなぜかなで肩)雰囲気が好きです。この曲優しい設計よね、ちゃんとファンを代弁する女性の声があるので、いくら恥ずかしくても、関西BOY'Sからファンのお姉さま方にも(ブーメラン)、キャーキャー言うていい権利を与えてくださってるんですね、わかります(つらい)。まあどんなジャンルもジャニーズも好きなものを好きっていうのに年齢は関係ねえからな!!!!!!!(大声)

 

12.はだかんぼー(Album ver.)

山P全然刺さらない人なんですけど、この曲はちょっとファンクとかビッグバンド系の歌謡曲っぽさがあって、大変に素晴らしい曲ですね。なんかカバーらしい?ので、原曲も聞いてみたいですね。どうやら去年の夏に勝利くんとデュエットなさったとかなんとかと聞いてしまったんで、物を買おうか迷っています。しかしなんで山Pさんが歌うとなんでも全部色気駄々漏れになるんですかね…もうなんか酔いそうになるのよ。

 

13.Misty

急にKinki Kidsさん。私はKinki Kidsさん、有名な曲かファーストアルバムしかわかりません(白状)。この曲は友人がよく聞いてた曲なんですけど、これどういう系統になるの…フュージョンボサノヴァ?ジャズ?、面白くて好きなんです。妹とイントロめっちゃルパンや!って言ってたら、気付いたらふたりともこの曲がオキニになってしまったエピソードもあります。(すみません)あと光一さんの歌い方がなんでこんな喘いでるんですか?ってくらい性的で好きです。(すみません)

 

14.SWEET

亀梨さんのソロで申し訳ないんですけど、私の手元にKAT-TUNの資料が少ない。私の中のKAT-TUNというのは90年代にヴィジュアル系バンドがめちゃくちゃ流行ったみたいな感じの熱狂みたいなイメージで、2000年代めちゃくちゃにKAT-TUN旋風がおきまくっていた印象がある。ファンが熱狂的で、KAT-TUNというアイドルはアイドルなのだが、アイドルらしくなく、アーティストのような印象の方が強かったのだ。個性の塊、その割に常識人で(おい)、不思議なグループで仕方なかったのよね。この曲を聴く前は、亀梨さんて勝手にオラオラ系だと思ってたんですけど、ソロ聞いて思ったのは凪いでいくタイプの歌声の人なんだな…意外と思ったことである。


 

このくらいにしておこう(瞠目)。
毎回思うのは自分の中になかなかに偏見や印象がこびりついて剥がれていないことである。自分の悪いところであるし、色々とこれからも他のグループの曲をよく聞いて知っていきたいなぁと思いました。新しい発見があるとひとつ人生が豊かになった気がする!オタク人生ばんざい!なんかほかにも書きたい曲があったんだけど、亀梨さんのソロ曲聞いてたら、なんかすーっと落ち着いて頃合いがよいのでおわりにしときます。次書く時までにまた色々買って聞いてく予定です。よろしくです!